コインパーキングの駐車場運営は初期費用が高くなる

コインパーキングの駐車場運営は初期費用が高くなる

土地はただ所有しているだけでも固定資産税がかかるので、できる限り使っていない有効活用し収入を得たいと考える人も増えてきています。土地活用といっても様々な種類のものが挙げられますが、手軽に始められるものとしてコインパーキングの駐車場運営が挙げられます。しかしコインパーキングの駐車場運営は初期費用が高くなるのが実情です。初期費用は土地の形状や広さ、どのような設備を設置するのかにより大きく異なります。まず最初に整地が必要であり、でこぼこした土地を平らにし、舗装して必要なラインを引きます。アスファルトやコンクリート舗装を行う場合には、費用が高くなる傾向があるでしょう。そして必要となる機器を購入することになりますが、精算機やロック版、照明や看板などです。ロック板やフェンス等に関しては、面積や駐車できる台数により金額も異なります。具体例を挙げると、100坪の土地に車が10台駐車できる駐車場を運営する場合には、合計で約350万円程度が必要です。

駐車場運営をスムーズにするなら防犯カメラを設置しよう

駐車場運営は、比較的管理は楽といわれていますが、それでもトラブルが発生することはあります。駐車場では当て逃げやいたずら、さらに車上荒らしから車の窃盗などが発生する場合もあります。駐車場運営では、特に管理をする人を置いていないことも多くなっています。無人営業の場合はトラブルが発生しても気づくのに遅れてしまいますし、すぐに対応することはできません。利用者からのクレームを防ぐためにも、防犯のためには対策はしっかりとしておきたいところです。駐車場運営で手軽に導入できるセキュリティ対策では、防犯カメラの設置があげられます。大きく目立つカメラを設置しておけば、犯罪を抑制する効果も期待できます。性能が悪いカメラでは人物や車の特定も難しくなりますので、人物や車種、車のナンバーまで記録できる性能の良いカメラを選びましょう。暗い場所でもしっかりと録画できるタイプであることも大事です。遠隔操作できるものなら、離れた場所にいてもパソコンやスマートフォンでいつでも駐車場の様子を確認できるので便利です。