土地を持っている人の有効な資産活用方法!駐車場運営を行うための豆知識

駐車場運営の経営は、更地を活用した方法であればとても有利な資産活用となります。
その理由は、投下資本を回収するのに時間がかからないことが大きなメリットです。
更地の駐車場は、通常の土地では自動車が止められる状況であれば、特段何もしなくてもそのまま駐車することができ、場合によっては砂利等を引きならすだけで十分使用できます。
駐車場を始めるにあたってすぐに現金収入が得られる事が強みです。

土地を持っている人の有効な資産活用方法!駐車場運営を行うための豆知識

土地を持っている人の有効な資産活用は、実際に出した資金を何年で回収できるか、ということを経営上の観点から考慮することが重要です。
あくまでも駐車場運営という視点であるため儲けを基準に考えます。
一般的に設備の整った機械式の駐車場などを造ると、それに要した資金を永年にわたって回収するため駐車場運営ではあまり儲かりません。
しかし、更地での駐車場経営は、そもそも土地という場所を提供するだけで土地の形状に費用をかけることなくお金が入るので、貸した時から純利益になります。

初期費用が0円でも駐車場運営が可能なのか?

駐車場運営は専門的なサポートを受けることで、初期費用0円で開始するようなことが可能になっています。
基本的に駐車場を運営するにはスペースが必要となりますから、土地の購入から開始する場合はその費用は負担しないといけないです。
大体の場合は使っていない空き地などを活用することが多いので、土地自体は既に持っているケースが多いと考えられます。
自力で駐車場を運営する場合は、整地などで数百万円程度の費用はかかる可能性が高いです。
そのため初期費用を0円にしたい場合は、駐車場運営業者にサポートをお願いしないといけません。
月極やコインパーキングなどでサポートを受けることができますから、仮にコインパーキングを運営したいような場合でも費用をかけずに開始することが可能です。
ランニングコストも負担しなくても大丈夫なので、空いてる土地をお得に有効活用することができます。
効率的に収益だけを確保することができますから、積極的に活用するべきサービスだと考えられます。

空き家で悩んでいるなら駐車場運営が有効な解決策

空き家問題は社会問題になっています。
家主が死亡してしまい、その親族が適切な管理をせず廃墟と化してしまい、近隣住民に倒壊のリスクを与えたり害虫が大量発生するなど、二次的に色々なトラブルに発展するという事例は枚挙にいとまがありません。
家をとり壊すにも相応の出費が必要で、更地にしてしまうと固定資産税が跳ね上がるなど、相続人などでも積極的にアクションを起こしづらいという現実もあります。
このような状況を打破する解決策として、駐車場運営による土地の利活用を図るという対策があります。
駐車場運営をすることで毎月定期的な賃貸料収入を見込めることができます。
もちろん貸家ほどのまとまった賃料を期待することは難しいですが、少なくとも固定資産税とペイするくらいの収入を確保できるはずです。
駐車場運営の前提には空き家を取り壊して更地にすることも含まれるので、住まないで放置することに起因するリスクや迷惑を防止することも叶います。

駐車場運営を行う時には固定資産税や都市計画税を考慮に入れよう

駐車場運営に取り組む大きなデメリットの代表格に、税金の負担が大きいことが挙げられます。
支払わなければならない可能性があるのは固定資産税や都市計画税に加えて、所得税や消費税、相続税など多岐にわたります。
この中で大いに注意しなければならないのは、固定資産税と都市計画税です。
これらは課税標準の減額特例があり、小規模住宅用地ならば大幅な節税効果がもたらされます。
それに対し、駐車場運営では更地として扱われるのでこれらの減額特例が適用されません。
つまり、小規模住宅用地として利用してきた土地を駐車場に切り替えた場合、税金の負担が大幅に増える可能性があります。
インターネット上には必要なデータを入力し、簡単に税金を計算できるサービスがあります。
これを活用し、どれくらい負担が増えるのかを計算しておくと有効です。
また、土地の相続時に世話になった税理士や駐車場運営の管理会社などに相談すれば、より詳細な負担額を把握できます。
同時にこれらの専門家を頼れば、敷地の一部の駐車場化など、節税効果が期待できるやり方を提示してもらえる可能性が高まります。

駐車場運営で月極駐車場は安定した収入が得やすい

駐車場運営では、月極にすると安定した収益が得やすくなります。
一度契約をしてもらうと毎月決まった収入が得られることになりますし、多くの場合はクルマを持っているその地域の住民であることが多いでしょうから、そこに住んでクルマを保有し続けている限りは契約が継続されることも期待できます。
それだけ安定した収入が得やすいことが月極駐車場運営の魅力になります。
一方で大きな収益はあまり期待できません。
どう考えても駐車台数と単価の掛け算以上のお金はありませんし、ひと月あたりで計算する以上は定期代などと同じで時間当たりの相場よりも相当に割り安に設定されるからです。
契約先が見つからないスペースが生じるリスクもありますし、周辺にライバルとなる他の駐車場が生まれたりすると、運営に大きな影響をきたすようなリスクもないわけではありません。
ですが、賃貸マンションやアパートなどと同じく、基本的には安定した収入が得やすいことが利点になります。